福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■高知県での一般家庭での保養情報

高知県での一般家庭での保養情報

高知県長岡郡の四国の大自然の中で、8月末まで、3名程度の子ども、もしくは1家族(母子など)をボランティアで受け入れてくださるというお申し出があります。当プロジェクト代表の舩田クラーセンさやか(東京外国語大学准教授)の友人のご実家です。詳細は以下の通りです。個人の方のご厚意で、滞在にかかる費用は無料、交通費も相談に乗ってくださるとのことです。外遊びができないお子さんたち、まだ夏休みの保養先を探しておられる方がおられましたら、下記までご連絡ください。

期間:8月13日~8月末の間でご希望の期間

住所:高知県長岡郡本山町下関(山と川に囲まれたのどかなところです)

家族構成:父(71歳)、母(61歳)、祖父(94歳)。一時間ほど離れたところに、弟の一家が住んでおり5歳と3歳の息子がおりますので、彼らと遊んでもらうこともできるかと思います。

家のスペース:使用可能な部屋として8畳間のスペースがあります。ただ、昔の家ですので仕切りはふすま、隣の2つの部屋には祖父、父母、また20日までの間私(男性)が滞在しますので、その間は私も一緒に雑魚寝になる可能性があります。ですが、もしお母様や大人の女性がご一緒されるようでしたら部屋を移ります。

受け入れ可能人数:子どもさんなら3名程度。ご家族なら1家族(お母様1名+子どもさん2名を想定)。

活動:農家ですので、農作業を時々一緒にしていただくのは、お子さんたちにとってもいい経験になるかと思いますし、我々も助かります(もちろん子どもさんの年齢にもよりますね)。そのほか、登山や目の前に川もありますし、また少し行けば吉野川に出ますので、カヌー等の川遊びも可能です。また、街に連れて行くこと等も可能です。

問い合わせ・申し込み:大平健二
tel : 080-3451-7681
kenji_ohira@hotmail.com
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。