福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■【活動報告】栃木拠点(7月-8月)

7月~8月初旬の栃木県での活動を報告いたします。
(福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト、福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト、FnnnP Jr.との共同活動)

(1)ニーズ聞き取り実施場所・実施対象・家族数
①栃木県一次避難所聞き取り対象者(12世帯)
面会による状況聞き取り・ニーズ対応(栃木県内3世帯)
電話・メール(栃木県内6世帯、福島県内2世帯、愛知県内1世帯)
②他の自主避難者(2世帯)
メールによる状況聞き取り(2世帯)
③福島県から自主避難や保養に関する問い合わせ(6世帯)
④お茶会@宇都宮大学(4世帯)
面会(1世帯)
電話・メール(3世帯)
(2)栃木県などにおける受け入れ状況に関する情報収集
・栃木県(災害対策本部)
・栃木県内のネットワークや支援について(宇都宮市民サポートセンター)
・中部地域における支援状況把握

(3)個別ニーズ対応
次のニーズ対応を、各家族のご希望にあわせて行いました。
①栃木県一次避難所聞き取り対象者(延べ14世帯)
(あ)生活圏(遊び場など)の放射線量の簡易測定(1世帯)
(い)保育&おしゃべりボランティア紹介(1世帯)
(う)おしゃべりボランティア継続(1世帯)
(え)保養に関する情報提供(福島県内1世帯)
(お)保育に関する情報提供(愛知県内1世帯)
(か)引越し先(宮城)の物資提供(ふとん)に関する情報提供(栃木→宮城1世帯)
協力:みやぎジョネット
(き)引越しサポートの情報提供(福島→栃木1世帯、福島→北海道1世帯)
(く)自主避難者に関する情報提供(栃木県内1世帯)
(け)市民からの「オムツ・ケーキ」の出産お祝い(栃木県内1世帯、後に2世帯予定)
(こ)ジョイセフのケショに関する情報提供(栃木県内2世帯)
②福島から栃木県内への自主避難者(2世帯)
(く)自主避難者に関する情報提供(2世帯)
③福島県からの問い合わせ(3世帯)
(さ)福島県から宮城県に通勤中の妊婦さんの相談に対して、助産師及び宮城における協力者が面会。住居・勤務に関する問題解決(1世帯)
(し)保養に関する情報提供(2世帯)
④お茶会@宇都宮大学(3世帯)
(す)保育ボランティア&相談(1世帯)
(く)自主避難者に関する情報提供(1世帯)
(4)物品提供
・みやぎジョネットさんから掛け布団提供情報→宮城引越し予定者
・市民の方から手作り「オムツ・ケーキ」3つ→①1つは出産2日後にプレゼント
・ユニチャームさんから母乳パッド・大人用マスク・子供用マスク6月お茶会にて5箱ずつ提供
母乳パッド:宇都宮大学ママ茶会(2パック)、新潟に避難中のお母さん(6パック)、栃木県内避難所のお母さん(1箱)、茨城大学のお茶会(1箱)、首都圏のお茶会(1箱)
<在庫1箱、16パック>
子供用マスク:宇都宮大学ママ茶会(4小箱)、茨城大学ママ茶会(1箱)、新潟避難世帯(13小箱)、栃木県内避難世帯(福島に一時帰宅予定)(4小箱)<在庫3箱、3小箱>
大人用マスク:茨城大学ママ茶会(1箱)、新潟避難世帯(13小箱)、栃木県内避難世帯(福島に一時帰宅予定)(2小箱)<在庫3箱、9小箱>
(5)プロジェクト報告
(あ)7月13日 宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター 福島乳幼児妊産婦支援プロジェクト緊急報告会(140余の市民と学生が参加)

宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター
http://cmps.utsunomiya-u.ac.jp/news/110713fnp.html
宇都宮大学
http://www.utsunomiya-u.ac.jp/topics/index.php?id=339

(い)7月19日 宇都宮陽北ロータリー「東日本大震災:福島乳幼児・妊産婦支援」阪本報告 http://sicpmf.blog55.fc2.com/blog-entry-46.html
(う)7月24日 宇都宮大学オープンキャンパス FnnnP Jr. ポスター発表
http://sicpmf.blog55.fc2.com/blog-entry-52.html
(6)協力機関・協力者
・NPO法人 仕事と子育て両立支援センター エンジェルライン
・ユニチャーム
・宇都宮市民活動サポートセンター
・避難所の赤ちゃんに肌着を届けるプロジェクト500
・みやぎジョネット
・市民の方
(7)その他
・10月企画キャンプ予定地下見・放射線量測定
(8)プロジェクト内活動者
・聞き取り調査 活動従事者数:延12名
・報告会報告者・司会者:13人
・報告会ボランティア(他団体ボランティア含む):15名
・栃木県など受け入れ情報収集 活動従事者数:延2名
・保育ボランティア&おしゃべりボランティア:延4名
・キャンプ予定地下見:6名

福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト 栃木拠点長
福島乳幼児・妊産婦支援プロジェクト事務局長 阪本公美子
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。