福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト (FnnnP)

本プロジェクトは、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電事故後、放射能汚染等による健康被害の不安を抱えて避難している乳幼児や妊産婦のニーズに対応することを目的としています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

■9.15 茨城ひたちにて茶話会を開催します!

福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクト
~茶話会in 日立~ 

福島から避難されてこられたお母さまは、それぞれの「新しい日常」のただ中にいらっしゃることと思います。子どもの笑顔に癒されながらも、新しい土地での生活には不安もつきもの。たまにはゆっくりお話しませんか?お気軽にお越しください!! 
 
日時:  2011年9月15日 (木)  10:00~12:30
場所:   茨城県日立市大みか町6-11-1  茨城キリスト教大学 大学記念館1階
         http://www.icc.ac.jp/misc/access.html  
  
内容
・交流会(手づくりのお菓子付き。地元ママも参加しますので育児情報の
交換もできます)
・保育サービス (学生が子供と遊びますので、ママはゆっくりティータイム)
・育児相談(助産師などの専門家による相談を受けられます)
・法律相談(女性弁護士による無料相談を受けられます)
・専門家への取り次ぎ(助産師、育児支援、自治体、弁護士など)
・癒しの時間 (助産師によるアロママッサージ)
・福島情報の提供 
・ニーズ対応へ向けた個別相談  etc

対象   福島から避難されてこられた妊産婦、乳幼児・小学生のお母さま
*お子さま連れの参加を歓迎します。学生ボランティアと地元ママ(有資格
者含む)が子どもたちと遊ぶのを楽しみにしています。

参加費  無料   (公共交通機関の利用の場合、交通費をお支払いできます)       
申し込み  準備のため、事前の申し込みをお願いします。飛び込みでも参加できます。

連絡先: ibaraki.fukushima@gmail.com(事務局 原口)
   090-3923-8490(茨城大学学生ボランティア) 

参加希望の方は、①お名前、②母子の年齢、③連絡先をご連絡ください。 


■ 茨城キリスト教大学へのアクセス
●常磐自動車道から: 日立南太田I.Cより6分
●JR常磐線から: 大甕(おおみか)駅隣接

緑豊かなキャンパスで、大学内に中学校、高校、幼稚園、保育園、礼拝堂もあります。ぜひお待ちしております!


主催:茨城大学学生ボランティア/ 茨城大学原口弥生研究室
茨城キリスト教大学学生ボランティア/ 茨城キリスト教大学
茨城NPOセンター・コモンズ 災害ボランティア・ホープいばらき
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。